08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

熊本 Now 2

2016.06.13 (Mon)

「平成28年熊本地震」が、前震から2ヶ月が経ち体に感じる地震の発生は1700回を超えているそうです。
熊本を離れたところでは、震災の情報も、明るく立ち上がって、日常の生活が戻ってきた様子が伝えられ、全てがそうであるかのような印象を与えているようですが・・・・・・
被災地は、時間が止まったかのように手つかずのまま、倒壊した家、傾いた建物等が殆どです。
ボランテァの献身的な作業には、心から感謝していますが、倒壊家屋から整理され出された瓦礫は、次から次へと山のように積まれたがれきの山になって処分場行きを待っています。悲惨で異様な町並でした。

昨夜は、八代地方の山際の町坂本で震度5弱の強い余震が発生しています。
余震は、まだまだ続いて地震との闘いには終わりが見えていません。
これから、梅雨の大雨も心配です。
支援を続けてお願いいたします。 
くまモンはじめ、県・市職員の皆さんも不眠不休で頑張っていますが、全国の皆様の応援があればこそ、元気を出せることと思います。
 頑張るケン!熊本県。どうぞ温かく応援してください!

6月11日、南阿蘇河陰へお見舞い訪問する時に益城町(車は渋滞します)を通りグリンロード経由で南阿蘇へ向かいました。
渋滞で車が止まるごと、車内より道路沿いの被災状況を撮影しています。




DSCF2817.jpg

DSCF2820-2.jpg

DSCF2821.jpg

DSCF2824-2.jpg

DSCF2822.jpg

DSCF2819.jpg
スポンサーサイト
15:53  |  平成28熊本地震  |  Comment(0)

熊本城 Now

2016.06.13 (Mon)

今の熊本城を自分の目で確かめておかなくてはと思い、友人と出かけました。
TVや新聞、写真で見ても、涙か出て痛ましく思っていましたが、二の丸広場の立ち入り禁止の柵に沿って見える天守閣・石垣・櫓の姿は、生々しく胸が痛みました。
熊本城は私には命ある生き物のように感じられました。筋肉を引き裂かれ、頭髪を引き抜かれても仁王たちして踏ん張っている・・・・・そんな風にも感じて、私たちも元気を出さなきゃ!
頑張らなきゃと思いました。
でも、友と交わした言葉は「こりゃ、綺麗になった熊本城は、私達は、見れんばい。生きとるうちには、ようならんね~」「ショックだけど、数年で復元出来るわけないよね」と悲観的な会話でした。( 」´0`)」 (TT)
本当は、綺麗になった、凛々しい熊本城を見たいと心から願っているのですが・・・。

DSCF2813.jpg
戌亥櫓

DSCF2810.jpg
大天守閣 中央=宇土櫓 左端=小天守閣

DSCF2808.jpg
崩れ落ちた石垣と長塀

DSCF2803.jpg
二の丸駐車場と観光案内所
観光バスも車も無く寂しいです


DSCF2805.jpg
二の丸広場から見える大天守閣 
屋根瓦は落ちても堂々とした佇まいは、見る人に元気を与えています。 
13:32  |  平成28熊本地震  |  Comment(0)

頑張るけんネ!!

2016.05.20 (Fri)

頑張るけん!! 熊本県
全国からの応援、感謝しています
皆さん、ありがとうございます!





You Tubeより
14:50  |  平成28熊本地震  |  Comment(0)

頑張ろう!!熊本

2016.05.01 (Sun)

一人じゃない 仲間がいる 頑張ろう!! 熊本


(佐藤和美さんFBよりシエア)
 

 全国各地から来てくださったボランティアの皆様に心よりお礼を申し上げます。
  ありがとうございます。 
これからもたくさんのボランティアの方々がおいでになるかと思います。
  
此処に熊本県からのお知らせ”平成28年熊本地震災害に伴うボランティア”を
リンクしています。

http://www.pref.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=3&class_set_id=16&class_id=6490

平成28年熊本地震に伴う被災地救援等のために使用する車両の取り扱いについて

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15425.html

どうぞ、ご参照くださってご参加くださいませ。
13:38  |  平成28熊本地震  |  Comment(0)

住民の心がけ

2016.04.27 (Wed)

小雨が降っています。こんななかでも、自衛隊、ボランティアの皆さんが、体を張って復旧作業に精出されています。ありがとうございます。

異例の速さで、鉄道・高速道路など復興しているところもありますが、被災者のすぐ近く、身の回りのものなど、細かい部分の復興は、手がつけられない状態です。現に我が町内の生活道は、収集されないゴミの山で道が狭くなり車の離合もままなりません。

車は、なるだけ使わないようにしていますが、今日は、孫の歯科通いで車を運転しました。日頃より交通の多いところを走るのですが、遅々として動かないのです。進みません。
孫が「一台分づつしか、すすまないね~」と、溜息ついてましたよ。(^_^;)

ゴミの捨て方も、住民のモラル次第では、減るのではないかと思える、捨て方です。ブラウン管時代のTV受像機、まだ使えそうな電化製品、家具類。等など、被災し壊れたものとは思えないものまでこの際捨てようといった感じの物が多々あります。
それらの中から、金目のものを集めて回る、業者の小型トラックも止まっていて、私は、通る時気を使いました。(ーー;)

只今の熊本市のゴミの出し方は、
分別ゴミの、「燃えるゴミ」だけを指定の曜日に出す。。。。。。。です。

(因みに、熊本市の分別ゴミは、燃えるゴミ(台所の生ゴミを含む)埋め立てゴミ、紙、プラスチックなど等9種類はあります)

住民の心がけ、良識を持ってルールを守るだけでも復興のスピードは、UPすることでしょう
19:53  |  平成28熊本地震  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。